今私は、堤防の草刈りの仕事をしています、水害に備えて作られた立派な堤防も、年月が経つにつれ、傷みが出てきます、それを草を刈ることで、堤防の穴が開いているところなどを見つけることが出来るのです、また水害の時には、水の流れをよくするのです。そんな仕事を邪魔をするものが有るのです、それは野鳥の会です、鳥の式な人には珍しい取りなのかもしれませんが、その鳥は、自分の好きなところに、巣を作ったのです、それを守るために、野鳥の会は、役所に野鳥の保護の為に、草刈りの時期を変えるように、圧力を掛けるのです。そのたびに私達の仕事はストップしてしまいます、そして、堤防の近くの畑を持つ農家の方からは、虫が発生するので、早く草刈りをしてくれとクレームが役所に行くのです、役所は、どちらにも良い顔をするので、私達の仕事は常に予定変更です、野鳥は、自分で済みやすい所を見つけて住んでいるのです、そこが嫌なら、他に住処を探すことなのだと思うのです、野鳥の会にどんな力が有るのですか、紅白歌合戦の数を数えとぃれば良いのに。アリシアクリニック 体験