12月26日の旅館の朝のレストラン営業です。クリスマスの25日は140名くらいだったのでそのままのお客さんが朝食を取って帰るような流れでした。この日の朝は私は訓練として料理管理に入りました。厨房により仕込まれた料理をスタンバイしてオープンと同時に料理の減り具合をチェックしながら、なくなりそうなものを下げてきてポーターと呼ばれる料理を足したり盛り付けなおしたりする役割のスタッフに注文をしました。よってこのポーターとコミュニケーションを取りながら料理出しに専念しました。この日は教育係がいたためにそのスタッフに確認や指示を仰ぎながら仕事を推し進めました。単純に言えばなくなりそうな料理を足して行き閉店前に調整すればいい話なのであまり難しくはないと思いました。旅館業はサービス業ではありますが、バイキングのレストランは多くの人が来るので満遍なくしかも平等に扱いますので、お客さんとの個人的にはつながりはなくなりますので、これまで20年経験してきたバーレストランとは全くやり方が違うので作業さえしていればいいので自分としては経験さえ積めば楽な仕事だなと思います。脱毛ラボ ローン